熊本・阿蘇の絶景を眺める一軒宿。露天風呂付客室と天然温泉野天風呂で寛ぎ、熊本の旬を味わう和風旅館「華もみじ」
純和風旅館|華もみじ
スマートフォン  お問い合せ  ご予約
華もみじへの旅(行き先編家族編接待編 華もみじだより お客様の声
観光情報 メディア紹介 プライバシーポリシー サイトマップ よくあるご質問
トップ 館内のご案内 客室 露天風呂 料理 特別プラン 交通・アクセス

トップ > 華もみじへの旅(行き先編家族編・接待編)


華もみじへの旅〜接待編〜|「今度の接待は絶対成功させなきゃ!」・・・そんな時にぜひご覧下さい



華もみじから望む阿蘇山と朝日
東京から週末に大事なお客様がくる。
13時の便で熊本到着。翌日の午後の便で帰る日程だ。 到着後は市内の事務所にちょっと立ち寄り、その後は自由行動という設定のようだ。 「先方は2名か・・、さてどうしよう」。


熊本といえば「阿蘇」。前回は、阿蘇の名勝どころを車でひっぱりまわしたのだが、ちょっとお疲れモードのようだった。
さすがに今回も同じという訳にはいかないだろう。 そういえば、上役はかなり温泉好きのようだ。


せっかく都会の喧騒から離れたんだから、ここではゆっくり温泉にでも浸かってもらおう。
前回は、夜遅くタクシーで帰宅、早朝にホテルへ迎えにいくのも、えらく大変だったしなぁ。。
旅館に宿泊となると遠出をするより、やはり近場の阿蘇方面がいい。


そうだ。。前に案内の来た「華もみじ」で設定してみよう。



ここは、寝る部屋が独立してるから、ホテルのような気楽さもあるし、何より阿蘇の景観がすばらしいとのこと。


5棟の露天風呂付もあるが、接待する側もされる側も、寝る部屋が独立している、もうひとつのつくりの部屋が、気兼ねしなくて いいだろう。


案内のとおり、とても静かな場所である。すぐに野外の露天風呂に行ったが、ここがまた心地よい。
「開放感があっていいですね」と。。
リラックスすると、普段仕事で話さないないような話もはずむ。

華もみじ|玄関 華もみじ|ロビー

ウェルカムフルーツ 華もみじ|天然温泉野天風呂




ご夕食|馬刺し ご夕食|お造りと先付
ご夕食|宮崎牛のステーキ ご夕食|海の幸のしゅうまい
和洋室|ベッドルーム
夕食には地酒を注文しておいた。夕食は懐石料理になるが、大皿で盛り付けられる料理も多い。形式ばらずに和める感覚も、このような旅館では、珍しかった。

「熊本は肴がうまい」と。。地元にいれば気がつかないが、他県の人から改めて言われると確かにそうである。

素材にこだわっているので、より美味しく感じたのだろうが、「馬刺し」や「天草の魚」って本当においしいものだ。
お酒の量もだんだんと。


翌日、天気もよく、すっきり目覚めることが出来た。
朝食は、無理を言って6時にセッティングしてもらい、いざ出発。


「ぜひ、また来させてください。」


帰り際、もう一人から、耳打ちされた。


「寝るところが別々で助かりました。」
「部長と一緒の部屋で泊まるのが苦痛でしたから」


そうでしょう。そうでしょう。(経験済み)

翌日、先方より御礼の連絡が入った。
今度は家族で行きたいとのこと。


「本当によかった。。」



和風旅館 華もみじ
〒869-1411 熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陰5298-1
TEL 0967-63-8787/FAX 0967-67-3170
ご予約はこちらから/お問い合せはこちらから

ホームページ制作 by KBS Tourism Institute.inc


Copyright(c) 旅館 華もみじ All Right Reserved